木曾山林資料館

                   

[この題字は演習林管理棟の入口に掲げてある館銘板の文字から起こしたものである。木曽町開田高原在住の椙本清美氏の揮毫による。]

木曾山林資料館2014.5.24OPEN

TEL.0264-22-2007 

〒397-8567 長野県木曽郡木曽町新開4236 木曽青峰高校新開キャンパス内

ご挨拶

 新年度を迎えましたが、新型コロナウィルスは今なお第4波が懸念されています。当館の所在地は、周囲を山に囲まれ、黒川という清流の河岸段丘の上に位置し空気はまさに清浄そのもので、密閉・密集・密接に無縁ですので、安心してお出掛けください。

 今年の4月から毎週土曜日に一般公開することになりました。木曽青峰高校および信州木曽看護専門学校の学生さんも原則的に登校しない日ですから、資料館は静寂そのもので、休日を過ごされる皆様方に是非とも来館していただきたいと思います。

 新型コロナウィルス対策として、受付にアルコール消毒液・除菌抗菌ウエットティッシュを用意してあります。マスクの予備は用意してありますが、各自でご用意ください。なお、当分の間は来館された方に対する展示物の説明等のご案内は、感染予防のため控えさせていただきますことをご承知ください。

 木曾山林資料館研究紀要第2号を刊行することができました。併せて、研究紀要論文に関係する「木曽谷模型の里帰り」も公開します。今回の研究紀要は、テーマが盛りだくさんで、当館スタッフの他に外部の方にも論文を寄稿していただきました。日頃行っている研究の成果や意見を発表する場として、皆様方の投稿をお待ちしております。

 スタッフ一同皆様方のご来館を心よりお待ちしています。

(2021.04.01)

過去のご挨拶